元本塁打王クリス・カーター 大谷加入のエンゼルスとマイナー契約

[ 2018年2月19日 08:55 ]

ブルワーズ時代のクリス・カーター (AP)
Photo By AP

 エンゼルスは18日、元本塁打王のクリス・カーター内野手(31)とマイナー契約を交わした。

 右打ちのカーターはメジャー8年間で通算158本塁打をマーク。ブルワーズ時代の2016年には41本で本塁打王に輝いた。昨季はヤンキースで62試合に出場して打率2割1厘、8本塁打、26打点。シーズン途中の7月に自由契約となり、その後、アスレチックスとマイナー契約を結ぶも、メジャー昇格とはならなかった。

 また、エンゼルスは同日にフリーエージェント(FA)のクリス・ヤング外野手(34)とも1年のメジャー契約に合意。ヤングは今オフにレッドソックスからFAとなり、昨季は90試合に出場して打率2割3分5厘、7本塁打、25打点。メジャー12年間で通算185本塁打をマークし、ダイヤモンドバックス時代の2010年にはオールスター戦にも選出された。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年2月19日のニュース