内川 ギータ選手会長のサポート任せろ「いろいろと考えさせないように」

[ 2018年1月29日 05:30 ]

トークショーで笑顔を見せる内川
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの主将を務める内川が、今季から選手会長に就任する柳田のサポート役を買って出た。「今までは彼は役割がない中でやってきた。いろいろと考えさせないように、支えていければ。野球は野性味あふれる感じでやってくれればいい」と話した。

 イオンモール福岡で行われたトークショーでは、残り25本に迫った通算2000安打について「個人記録はなるべく早く達成してチームの日本一に向かいたい」と早期達成に意欲。不調時には高谷や今宮のバットを拝借して打席に立ったことを明かした上で「調子が悪いと人のバットを使いたくなる。(2000本目は)そうならない状態で(自分の)刻印が入ったバットで」と自身のモデルで記念の一打を放つことを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月29日のニュース