日本ハムドラ7宮台 清宮の存在感実感「いないとこの人数に…」

[ 2018年1月29日 14:31 ]

ブルペンで投げ込む宮台
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト7位・宮台(東大)が29日、千葉・鎌ケ谷で新人合同自主トレーニングを打ち上げた。ブルペンでは捕手を座らせて44球を投じ、「しっかりと納得できる球もあった」とスライダー、カーブを交えながら順調な仕上がりに手応えを感じていた。

 すでにドラフト1位・清宮(早実)は1軍キャンプを行う米アリゾナ州に入り。沖縄・国頭村での2軍キャンプでスタートする残りの新人6選手による合同練習最終日となった。普段よりも報道陣が少なかったことに、ルーキー左腕は「清宮がいないとこの人数になる。清宮は凄い」とあらためて年下の同期生の存在感を感じていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月29日のニュース