清宮&中田“KN砲”アーチ競演へ 栗山監督が同組フリー打撃明言

[ 2018年1月29日 05:30 ]

2時間遅れの出発となり少し疲れた表情の清宮
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮はキャンプに向け「(一番アピールしたいのは)打撃ですね。自分の長所でもあるので、そこを第一にやっていきたい」と抱負を語った。

 期待の大型新人に、栗山監督はキャンプ中の練習で同じ一塁の中田と清宮を同組にする方針を明かし「中田とはポジションが近い(同じ)から動きも同じになる」。プロ通算177本塁打で打点王2度を獲得し侍ジャパンの4番も務めた経験のある主砲の存在は同じ長距離砲の清宮にとってこの上ない手本となる。一塁のポジションを争いながら大先輩から一流の打撃技術を学ぶ。同組だけに、プロ入り後初となる屋外でのフリー打撃では中田と競演する機会も出てくる。日本ハムではエンゼルスに移籍した大谷と中田の「ON砲」が注目を集めたが、今度は「KN砲」が大きな話題を呼びそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月29日のニュース