楽天・安楽“カーショーカーブ”で変わる 米で直接伝授

[ 2018年1月29日 05:30 ]

米国での自主トレの成果を語る楽天・安楽
Photo By スポニチ

 楽天の安楽も「カーショーカーブ」で変身を目指す。仙台市内の2軍施設でキャッチボールなどで調整し、「技術や食事面など多くを学んだ」と、年明けから参加した米テキサス州でのダルビッシュ(ドジャースからFA)らとの合同自主トレの成果を明かした。

 同時期に参加した阪神・藤浪と同様に、サイ・ヤング賞3度を誇るメジャー屈指の左腕であるド軍のカーショーからカーブを伝授された。落差があり、直球との緩急も生かせるカーショーの宝刀。投球の幅を広げるためにも本格習得を目指し「あんな素晴らしいカーブを投げられるわけではないが、嶋さんにも“カーブが大事”と言われている」と手応えをつかんだ様子だ。

 昨季はオープン戦から絶好調で先発ローテーション入りを期待された。ところが、開幕直前に右太腿を痛めて出遅れ、わずか10試合の登板で1勝5敗に終わった。体の使い方などダルビッシュにも教えを受けた21歳右腕が、雪辱を期して4年目のキャンプを迎える。 (君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月29日のニュース