巨人 若手投手陣がバドミントントレ 狙いは守備強化

[ 2018年1月29日 05:30 ]

 巨人の若手投手陣8人がバドミントントレに励んだ。低めのシャトルを拾う時の下半身の動きや、正面を突かれた時の反応など、守備に生かされる狙いがある。

 選手たちはラリーを続けるのに四苦八苦したが、2年目左腕の池田は「新鮮でした。(低いシャトルを拾う時の)下半身の止め方が参考になった」。指導した木村投手兼トレーニングコーチは「守備がうまくないとマウンドに上がれない。遊びの中でトレーニングにつながれば」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月29日のニュース