ヤク寺島100万円減も納得 直球磨いて来季は“軸”に

[ 2017年11月21日 05:30 ]

契約更改を終え、報道陣の取材に答えるヤクルト寺島
Photo By スポニチ

 ヤクルトは昨年ドラフト1位の寺島が都内の球団事務所で初めての契約更改に臨み、100万円減の年俸1100万円でサイン。「1軍では1試合しか投げられなかったので減俸は当たり前だと思う」と受け入れた。

 球団側は「開幕からとはいかないまでも即戦力の評価だった。(来季は)うちの軸としてやってほしい」と減俸理由を説明。台湾ウインターリーグに参加予定で「真っすぐ。スピードも切れもです」と課題を持って戦う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月21日のニュース