大谷 手術後初のキャッチボール「普通に入れました」

[ 2017年11月21日 05:30 ]

術後初めてキャッチボールする大谷
Photo By スポニチ

 日本ハム・大谷はこの日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で右足首の手術後初めてキャッチボールを行った。15メートルほどの距離でトレーナーを相手に投げ、「普通に入れました。とりあえず今はフォームどうのこうのより右足の確認なので」と振り返った。

 他にもランニング、ティー打撃などのリハビリメニューを順調に消化。「回復具合は早いと思うけど、予定は特に早めずにゆっくりめでいくと思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月21日のニュース