巨人ドラ3大城「打てる捕手に」夢は菅野と“東海大バッテリー”

[ 2017年11月21日 06:45 ]

仮契約を終えた巨人のドラフト3位・大城(中央)は岡崎スカウト部長(左)、渡辺スカウトに挟まれガッツポーズ
Photo By スポニチ

 巨人からドラフト3位指名されたNTT西日本・大城が大阪市内で入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約を結んだ。「一卵性で“似ている”と言われる。常にチームメートという感じだった」という双子の兄・建二さんはトヨタ自動車でプレー。ともに東海大相模で甲子園に出場し、東海大にも進んだ。漫画「タッチ」では双子の弟・和也の夢を受け継いだ兄・達也が甲子園を目指す。大城も建二さんの思いを背負ってプロ入りする。

 侍ジャパン社会人代表のクリーンアップを務めた強打の捕手。岡崎郁スカウト部長は「阿部のようなタイプ。広角に長打が打てる」と評する。東海大の3学年先輩・菅野とのバッテリーを夢見て「打てるキャッチャーを目指す。将来的に打率3割が目標」と目を輝かせた。 (神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月21日のニュース