球団史上最高額 パドレスがマイヤーズと契約延長「優勝を狙うチーム核に」

[ 2017年1月18日 16:33 ]

パドレスのウィル・マイヤーズ内野手(AP)
Photo By AP

 パドレスは17日、ウィル・マイヤーズ内野手(26)と今季から2022年までとなる6年総額8300万ドル(約93億7800万円)の契約延長に正式合意した。

 この契約は2015年にジェームズ・シールズ投手(現ホワイトソックス)と結んだ4年総額7500万ドルを抜いて球団史上最高額。また、年俸2000万ドル(約22億5900万円)での2023年の契約は球団に選択権があるという。

 マイヤーズはレイズ時代の2013年に新人王を獲得。パドレスには2015年から加入し、昨季は157試合に出場して打率2割5分9厘、28本塁打、94打点に加え、28盗塁と活躍を見せた。今回の契約延長について本人は「再建へと向かうチームの一員としてプレーできることに興奮している」と声明を発表。プレラーGMも電話会見で「彼は優勝を狙うチームの核になり得る」と満足げだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年1月18日のニュース