オバマ大統領 殿堂入り名打者マッコビー氏に恩赦 過去に脱税で有罪

[ 2017年1月18日 15:48 ]

米国のバラク・オバマ大統領(AP)
Photo By AP

 退任が直前に迫る米国のバラク・オバマ大統領(55)は17日、過去に脱税容疑で有罪判決を受けた元メジャーリーガーのウィリー・マッコビー氏(79)に対して恩赦を与えた。

 マッコビー氏はジャイアンツなど3球団で活躍した名打者。22年間のキャリアで本塁打王を3度獲得し、歴代20位の通算521本塁打を記録した。1986年には米国野球殿堂入り。輝かしい道を歩んでいたが、96年に脱税容疑で2年の保護観察と罰金5000ドル(約56万円)の有罪判決を言い渡され、本人もサイン会などで得た7万ドル(約789万円)の収入申告を怠ったとこの容疑を認めている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月18日のニュース