快速球の源は納豆?ソフトBドラ1正義 おやつ代わり「それだけで」

[ 2017年1月18日 08:45 ]

ノックを受ける田中
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの黄金ルーキー、その輝きの元は納豆だった。ドラフト1位の田中正義(創価大)はおやつ代わりに納豆を食べるという自然派の食生活を明かした。

 「ご飯の上にのせては食べません。納豆それだけで。味つけはしょうゆだけですね」

 日本の伝統的食品をサプリメントとして摂取する。特に好物ではないものの“体にいい”と聞いて大学時代から習慣づけた。納豆は男性ホルモンの一種「テストステロン」の生成を促す良質なタンパク質を含む。テストステロンは筋肉の増大に作用すると言われ、納豆は体づくりに有効な食べ物だ。原料の大豆は有機栽培で食品添加物を使用していない銘柄を選ぶ。実家からも送ってもらい、1日で5パック食べることもある。

 一般にサプリと呼ばれる科学的な栄養補助食品についてはまだ勉強中。成分、体に与える影響を自分で把握するまで摂取しない。食事でバランス良く栄養補給するのが自然派の正義流だ。

 この日は初めて屋外でキャッチボールした。「やはり違いますね。投げやすいというより野球は外でやるもの」。本職でも“自然派”だ。(田中 貴久)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月18日のニュース