ロッテドラ1桜美林大・佐々木千 力尽く…5回に4失点降板「悔い残る」

[ 2016年11月17日 05:30 ]

第47回明治神宮大会最終日・大学の部決勝 ( 2016年11月16日    神宮 )

<桜美林大・明大>5回に逆転を許し、降板する桜美林大・佐々木千

 桜美林大・佐々木千が最後に力尽きた。8回108球を投げた準々決勝の環太平洋大戦から中1日。柳とのドラフト1位対決に「高ぶる思いはあった」と気合十分で臨み、初回にこの日最速の147キロを計測した。

 4回まで1安打無失点。だが疲労の色は濃く、制球が乱れた5回に今季自己ワーストの1イニング4失点を喫し、この回で降板した。「どの球種も良くなかった。思うような投球ができず、悔いが残る」。背番号1は目を赤くした。

 今秋は5勝1敗、防御率0・91で首都大学リーグ初優勝に貢献。ソフトバンク1位の田中正義(創価大)に投げ勝った関東地区大学選手権も制して明治神宮大会出場を決めると、今大会も環太平洋大との初戦で8回1失点、打っても大学初本塁打をマークした。初の全国大会で堂々の準優勝。佐々木千の力なくしては成し得なかった快挙だ。

 「実力が足りないことを感じた。まだまだやることがある。一から頑張りたい」。母校に歴史を刻んだ最速153キロ右腕は、悔しさを糧に新たなステージに向かう。 (原田 真奈子)

 ▼ロッテ・井辺康二スカウト(ネット裏で観戦)制球力も上げていかないといけないことなどは本人も分かっていると思う。心配は全然していない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月17日のニュース