大谷 ダルさん!WBC球対策教えて「経験されているので」

[ 2016年11月17日 06:30 ]

鎌ケ谷で再始動した大谷

 日本ハム・大谷が、今オフに合同自主トレを予定しているレンジャーズ・ダルビッシュからWBC使用球対策を学ぶ考えを示した。

 「聞けることがあれば聞いた方がいい。経験されているので」。基本的に「投手メイン」で起用される来年3月のWBCに向け、早めの対策に乗り出す。

 昨オフ、初めてダルビッシュとの合同自主トレに参加。体づくりについて学び、「質問のレベルが低くても高くても、きちんと教えてくれる。ありがたい」と感謝の思いがある。大谷はこのオフからWBC使用球を継続して使う方針で、「握った感じは大きい」と感想。侍ジャパンの練習日にブルペン入りしたが、捕手を立たせて軽めに投げた程度で「(低めへ投げる時の)抑え方が違う」と不安を吐露した。WBC使用球はMLB公式球に近く、ダルビッシュはこれ以上ない「先生」だ。昨年のテーマが「体づくり」なら今年は「WBC球」。また、同学年の阪神・藤浪も参加予定で「僕も勉強することがあると思う」と貪欲だ。

 強化試合後は2日間のオフ。この日から2軍本拠地・鎌ケ谷で練習を再開し、筋力トレーニングで汗を流した。「とりあえず(球団から)“疲れを取ってもらいたい”と言われている。フィジカル中心に見つめ直したい」。まずは激闘の疲れを癒やすことに専念するが、「ベストはWBCにもっていく」ときっぱり。世界を知る「ダル先生」の指導を受けながら、3月に照準を合わせる。 (柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月17日のニュース