元プロ達川、赤星、下柳各氏ら111人参加 学生野球資格回復研修

[ 2015年12月19日 18:05 ]

 プロ野球経験者が学生野球指導者になるためのアマ側の資格回復研修会が19日、大阪府吹田市内で行われ、元広島の達川光男氏、元阪神の赤星憲広氏、下柳剛氏ら、プロ側の研修を受講した111人が参加した。

 1日目は体罰の禁止、安全対策など6講座、約6時間の講義が行われ、赤星氏は「指導者としてのスキル向上が試されますね」と感想を口にした。広島の黄金時代を支えた捕手の達川氏は「資格を取って互いに気持ち良く教えたり、教えられたりしたらいい。希望としてはキャッチャーの面白さを教えたい」と話した。

 研修会は20日まで行われ、来年2月の適性審査を経て資格回復が認められる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年12月19日のニュース