衰えぬ速球に可能性 レンジャーズが収監明けの右腕とマイナー契約

[ 2015年12月19日 10:15 ]

本拠地グローブライフ・パークのグラウンドにプリントされたレンジャーズのロゴマーク (AP)

 レンジャーズは18日、2004年にドラフト1巡目全体1位で指名されたマット・ブッシュ投手(29)とマイナー契約を交わした。

 ブッシュは2012年3月に起こした酒気帯び運転による人身事故のため、今年10月まで収監されていた。釈放直後は引退を示唆していたが、3年半のブランクにもかかわらず、153キロの速球を披露する右腕にレンジャーズのダニエルズGMは可能性を感じたようだ。

 パドレスにドラフト指名された直後から素行に問題があったが、来季で30歳となるブッシュは「人々の模範となり、与えられた機会から何かを達成できるということを示したい」と大人のコメント。メジャーのマウンドをまだ経験していない未完の大器は、おそらく最後になるであろうその機会をものにするべく、決意を新たにしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年12月19日のニュース