元広島ルイス、レンジャーズと再契約 ボーグルソンはパ軍へ移籍

[ 2015年12月19日 08:43 ]

レンジャーズのコルビー・ルイス投手 (AP)

 レンジャーズは18日、今オフにフリーエージェント(FA)となっていたコルビー・ルイス投手(36)と1年600万ドル(約7億2700万円)での再契約に合意した。

フォートワース・スター・テレグラム(電子版)など米国の複数メディアが報じている。

 ルイスはメジャー10年目の今季、登板33試合すべてに先発し、17勝9敗、防御率4・66という好成績でチームを4年ぶりの地区優勝に導いた。2008年から2年間は広島に在籍し、通算26勝をマーク。2年連続で最多奪三振のタイトルを獲得するなど日本でも活躍を見せた。

 また、同日にはジャイアンツからFAとなっていたライアン・ボーグルソン投手(38)がパイレーツと1年契約に合意。年俸は200万ドル(約2億4200万円)で、成績に応じてさらに300万ドル(3億6300万円)の出来高が付くという。

 ボーグルソンはメジャー通算11年間で58勝をマーク。今季は登板33試合中22試合に先発し、9勝11敗、防御率4・67という数字を残した。同投手も日本球界を経験しており、2007年から3年間、阪神、オリックスで通算11勝を記録している。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年12月19日のニュース