タイガース、万能選手のアービレイス獲得 マ軍は控え捕手と再契約

[ 2015年12月19日 15:51 ]

アービレイス(右)はチームメートとタッチを交わす (AP)

 タイガースは18日、インディアンスから今オフにフリーエージェント(FA)となっていたマイク・アービレイス内野手(34)と1年契約に合意した。金額などのその他条件については明らかにされていない。

 アービレイスは今季、白血病を患った娘を看病するため、2度にわたり戦線を離脱。98試合に出場して打率2割3分1厘、5本塁打、17打点という成績だった。来季でメジャー9年目を迎えるベテランは内外野計6ポジションを守ることができるユーティリティープレーヤー。ロイヤルズ、レッドソックスにも在籍していたことがあり、重宝された。

 また、同日にはアスレチックスがマーリンズを自由契約となっていた先発右腕のヘンダーソン・アルバレス投手(25)と1年425万ドル(約5億1400万円)で契約合意。マーリンズはFAのジェフ・マシス捕手(32)と1年150万ドル(約1億8100万円)で再契約を交わし、控え捕手を確保した。

 また、インディアンスはフィリーズから救援右腕のダン・オテロ投手(30)を金銭トレードで獲得した。オテロはメジャー4年目の今季、アスレチックスで41試合に登板して2勝4敗、防御率6・75と不本意な成績。シーズン終了後に移籍したフィリーズで事実上の戦力外とされるDFAとなり、獲得球団を待っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年12月19日のニュース