岩隈 他球団なら単身赴任だった?シアトルの友人泣いて喜ぶ

[ 2015年12月19日 12:08 ]

再契約会見で笑顔を見せるマリナーズの岩隈(AP)

 マリナーズと再契約を結んだ岩隈久志投手(34)が19日、自身のブログを更新。「この4年間で、子どもたちを通じて、生涯の友人と呼べるたくさんの家族たちと出会いましたが、皆泣いて喜んでくれました」と周囲の反応に感謝した。

 「ママ友達やパパ友達からは『ここにいてほしいけど、もし万が一、他の球団を選ぶことがあったら単身赴任は無理ですか?』と結講、本気で言われていました」と笑いながら「そこまで僕や家族を愛してくれる友人たちの住むシアトルで、また野球ができる喜びも感じています」とつづった。

 ドジャースとは身体検査を受けた結果、交渉が最終段階でまとまらなかったと伝えられているが「先日もこの4年間、僕を診てくれている信頼するシアトルのチームドクターから検査を受けて『3年契約も大丈夫だよ!』とお墨付きをもらいました」と体調面は問題なしを強調した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年12月19日のニュース