西武・秋山 今オフは節制生活 取材ラッシュも「プロとしての仕事」

[ 2015年12月19日 05:30 ]

上田埼玉県知事(右)から賞状を受け取る秋山

 シーズン216安打の日本新記録を達成した西武・秋山が、埼玉県庁で「彩の国スポーツ功労賞」の表彰を受けた。チームでは松坂、和田以来の受賞。

 上田清司知事から表彰状などを授与され「凄く光栄だけど、まだまだ恥ずかしい。うれしい半分、戸惑い半分です」と笑顔で話した。今オフは表彰やイベント、取材ラッシュ。練習量が減っている上に、会食の席などは増えるが「12月中は食事、お酒とかは気を付けたい。お酒も少し抑えている」。節制生活のおかげで体重は83~84キロ。ベスト体重85キロ近くをキープしている。秋山は「結果を残せばこういう(忙しい)オフになる。プロとしての仕事。自分の財産にしたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年12月19日のニュース