黒田 抹消後初のブルペン入り 球宴は第2戦の登板濃厚

[ 2015年7月15日 06:30 ]

セ・リーグ 広島2―5阪神

(7月14日 甲子園)
 右肩および右足首の炎症のため離脱中の広島の黒田が、8日の抹消後初めてマツダスタジアムでブルペン入り。ファン投票1位選出された球宴と後半戦をにらんで35球を投げた。

 「シーズン中に打者に対して…という感じではまだ投げられていない」。先発した7日のDeNA戦(同)から1週間ぶりの投球だけに調整途上を自覚。「オールスター前にもう一度、入れれば入りたい」と前向きに語った。球宴は18日、本拠地で開催される第2戦の先発が濃厚だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月15日のニュース