巨人・フランシスコが一時帰国 腰痛治療のため

[ 2015年7月15日 16:09 ]

一時帰国した巨人・フランシスコ

 巨人は15日、ホアン・フランシスコ内野手(28)がこの日、母国のドミニカ共和国に一時帰国したことを発表した。

 巨人・堤辰佳GMによると、「腰痛の治療のため2週間滞在し、今月末に戻って来る予定」という。

 フランシスコは5月上旬に2軍落ちした後に背中の張りを訴え、治療を続けていた。長く実戦から遠ざかっているが、堤GMは「ポテンシャルは高いので、治して戻って来て、しっかり戦力になってもらいたい」と戦力復帰に期待を寄せていた。

 4月に入団した同選手の1軍出場はわずか5試合で打率は.167。
 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月15日のニュース