阪神 ゴメス躍動!メッセは…初の対外試合で両外国人に明暗

[ 2015年2月24日 15:54 ]

練習試合 DeNA2―2阪神

(2月24日 宜野座)
 阪神とDeNAの練習試合が24日に行われ、2―2の引き分け終わった。

 1―1の同点で迎えた6回、DeNAは阪神2番手の能見から梶谷と筒香が連続二塁打を放って1死二、三塁とすると、ロペスの左犠飛で勝ち越しに成功。このリードを最後まで守り切りたいDeNAだったが、9回からマウンドに上がった加賀が1死三塁のピンチを招くと荒木の内野ゴロの間に失点を許した。

 阪神はこの日がともに今季初の対外試合となる2人の外国人選手の明暗が分かれた。「4番・指名打者」でスタメン出場のゴメスは2打数2安打1打点と大活躍。一方、先発したメッセンジャーは3回4安打1失点と今一つの内容だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月24日のニュース