【石井一久氏対談】黒田激白(上)「恐怖心は米で失敗するより大きい」

[ 2015年2月24日 10:00 ]

ツーシームの握りを披露する黒田(右)とスライダーの握りを披露する石井一久氏

 8年ぶりに古巣・広島に復帰した黒田博樹投手(40)が、スポニチ本紙評論家の石井一久氏(41)の直撃インタビューに応じ、本音を語った。昨季までメジャーで5年連続2桁勝利をマーク。空前の黒田フィーバーの中で自らにかかる大きな期待への不安を吐露するとともに、過去の栄光を捨てた新たな投球スタイルの模索、そして「引退」に関する自身の野球哲学などを激白した。今月10日に40歳となった黒田の覚悟とは――。

 石井 ゆっくり話すのはタンパ(フロリダ州)以来かな。

 黒田 そうですね。去年1度ありましたね。ただ対面で話すのは、初めてじゃないですか。

 石井 なかなかゆっくり話す機会もなかったし、僕とはタイプが違うしね(笑い)。ストイックな部分だったり…。

 黒田 僕はそこまでストイックじゃないですけどね(笑い)。

 石井 久々に湿気のある日本でのキャンプはどうですか?

 黒田 まだそこまで気温も上がっていないですし、今のところは大丈夫ですね。

 石井 日米のキャンプの違いは徐々に慣らしていくしかない。

 黒田 日本は結構一日が長いので、米国と比べてやることがたくさんある。ただ、休みがあるのがいいかなと思う。

 石井 チームの雰囲気は前回の時とまた違っていると思う。

 黒田 若い選手も多いが、凄く真面目で、野球に対する姿勢を見ても素晴らしい。マエケン(前田健)を中心に投手陣もまとまっている。凄く楽しみ。

 石井 本拠地の球場も新しくなった。

 黒田 僕がいた頃は市民球場だったので、イメージも全然違いましたし、新しい球場ができてファンの人の雰囲気も全然変わった。実際マウンドに上がって感じるところだと思う。市民球場で投げていて、大変な思いもたくさんした。相手チームにもよく「早く球場を新しくして」とか「ロッカーをキレイにして」とか言われていたし…(笑い)。

 石井 古巣に復帰し、広島、そして日本中がフィーバーになっている。

 黒田 正直ここまで、皆さんに喜んでもらえるとは思わなかったのでちょっと驚いている部分と、その分、結果を残さないといけないなというプレッシャーがある。

 石井 選手としてうれしい半面、結果へのハードルが高くなっている。

 黒田 期待されているのは凄く感じますし、それなりに結果を出さなければいけない。その中で、どこまでできるのかと自分の中での不安はあります。

 石井 メジャーでトップを張っている投手が日本に帰ってきたことに意味がある。どう伝えていくのか。

 黒田 向こうでやってきたことを、そのままこっちでできるかというのは、なかなか難しい部分があると思う。年齢的な部分を含め、昨シーズンのように今年できるかというところが難しいと思っています。順応、適応していかなければならないことはたくさんあると思う。そこが今、一番不安です。

 石井 日米の野球の違いもある。

 黒田 日本で活躍したから、米国で活躍できる保証もない。その逆もそう。また新しい気持ちで取り組まないと、いい結果は生まれない。年齢も含めて、自分の中に恐怖心もあるし、相当な覚悟を持っている。駄目だった時の自分の中の恐怖心は、米国で失敗するときよりも大きい。

 石井 その状況下で、自分のスタイルをどう構築していくのか。

 黒田 自分のスタイルをそのまま続けるべきかも、まだ悩んでいる。去年までのような投球スタイルで結果を出せるかというと、疑問を持っている。いろいろと変えていかないといけないかな。球種で言えば、フォーシームをもう少し使っていこうとは思っている。

 石井 ブルペンでの球数もメジャー時代より多い。メジャーの100球の中でのマネジメントとは違う。

 黒田 マウンドに上がらないと分からない部分であるし、忘れている部分もたくさんある。シーズンに入ってからもアジャストしていかないといけない。

 石井 今年の目標は。

 黒田 当然、チームの力になるために、1年間フルでローテーションを回らなければいけないと思う。ただ、本当に8年ぶりに日本に帰ってきて自分がどういうピッチングができるかも想像はつかないし、もう一回、初心に戻って新しいチャレンジになる。

 ◆黒田 博樹(くろだ・ひろき)1975年(昭50)2月10日、大阪府生まれの40歳。上宮から専大を経て、96年ドラフト2位で広島に入団。08年からドジャース、ヤンキースで計7年間プレー。今季から広島に復帰した。日本での通算成績は271試合で103勝89敗1セーブ、防御率3.69。メジャー通算は212試合で79勝79敗、防御率3.45。1メートル85、93キロ、右投げ右打ち。

 ◆石井 一久(いしい・かずひさ)1973年(昭48)9月9日、千葉県生まれの41歳。東京学館浦安から91年ドラフト1位でヤクルト入団。02年からドジャース、メッツでプレー。06年に古巣・ヤクルトに復帰し西武時代の13年に現役引退。日本での通算成績は419試合で143勝103敗1セーブ、防御率3・63。メジャー通算は102試合で39勝34敗、防御率4・44。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月24日のニュース