楽天「ろっけんイーグルス」で東北盛り上げる!松井裕は青森担当

[ 2015年2月24日 17:06 ]

 楽天は24日、地域密着を目指して2012年から行っている「東北ろっけん活動」を進化させ、今季は選手が東北6県のチームに分かれて球団職員とともに東北を盛り上げる活動を行っていくことを発表した。

 この「ろっけんイーグルス」の活動は、選手、職員を東北6県に割り振ってそれぞれの県を「担当」し、地域密着でファンサービスを行っていく試み。青森県は松井稼頭央外野手(39)、秋田県は選手会長の藤田一也内野手(32)、岩手県は銀次内野手(26)、山形県は則本昂大投手(24)、宮城県は岡島豪郎外野手(25)、福島県は嶋基宏捕手(30)がそれぞれリーダーを務める。

 また、本拠地のコボスタ宮城を各県ごとに6つの「東北ろっけんエリア」に分割し、各県担当の選手と球団職員がファンサービスを考案していく活動も。そのほか、4月のホーム6試合では「東北ろっけんまつり」を開催し、来場者全員にオリジナルリストバンドをプレゼントするほか「東北ろっけん汁物」のふるまい、東北物産展も行う。

 詳細は以下の通り。

 <「ろっけんイーグルス」各県メンバー>
・青森イーグルス
 松井稼頭央(リーダー)、松井裕樹、塩見貴洋、青山浩二、ケニー・レイ、キャム・ミコライオ、大塚尚仁、宮川将、小関翔太、阿部俊人、山崎浩司、大坂谷啓生、島井寛仁、その他、球団職員(チーム青森)

・秋田イーグルス
 藤田一也(リーダー)、浜矢広大、安楽智大、釜田佳直、西宮悠介、入野貴大、福山博之、小山桂司、後藤光尊、ゼラス・ウィーラー、福田将儀 、島内宏明、北川倫太郎、その他、球団職員(チーム秋田)

・岩手イーグルス
 銀次(リーダー)、小野郁、武藤好貴、川井貴志、ライナー・クルーズ、辛島航、菊池保則、伊志嶺忠、中川大志、片山博視、牧田明久、枡田慎太郎、その他、球団職員(チーム岩手)

・山形イーグルス
 則本昂大(リーダー)、森雄大、金刃憲人、永井怜、美馬学、高堀和也、梅津智弘、下妻貴寛、西田哲朗、西村弥、森山周、榎本葵、柿沢貴裕、その他、球団職員(チーム山形)

・宮城イーグルス
 岡島豪郎(リーダー)、斎藤隆、相原和友、古川侑利、上園啓史、相沢晋、ジム・ハウザー、今野龍太、アレハンドロ・セゴビア、三好匠、伊東亮大、小斉祐輔、ルシアノ・フェルナンド、その他、球団職員(チーム宮城)

・福島イーグルス
 嶋基宏(リーダー)、長谷部康平、戸村健次、加藤正志、横山貴明、小山伸一郎、藤江均、ギャビー・サンチェス、内田靖人、岩崎達郎、聖沢諒、八百板卓丸、その他、球団職員(チーム福島)

 <東北ろっけんエリア>
・青森イーグルス バックネット裏
・岩手イーグルス 内野三塁側(バックネット寄り)
・宮城イーグルス 内野三塁側(外野寄り)
・福島イーグルス 外野レフト
・山形イーグルス 外野ライト
・秋田イーグルス 内野一塁側

 <東北ろっけんまつり>
・宮城イーグルス 4月10日(金)オリックス戦
・秋田イーグルス 4月11日(土)オリックス戦
・岩手イーグルス 4月12日(日)オリックス戦
・山形イーグルス 4月17日(金)日本ハム戦
・青森イーグルス 4月18日(土)日本ハム戦
・福島イーグルス 4月19日(日)日本ハム戦

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年2月24日のニュース