オリドラ1山崎福 1軍生き残りへ内角突く「投げづらかった」

[ 2015年2月24日 05:30 ]

オリックスドラフト1位の山崎福

 オリックスの森脇浩司監督(54)が、24日からの対外試合5連戦で2軍からの昇格を検討していることを明かした。「5試合の中で見るつもり。B組(2軍)にも見てみたい選手はいる」。27日の西武戦(高知東部)、28日の阪神戦(安芸)が第1回目のふるい落としとなる。

 その初戦となる24日の韓国・斗山戦(清武)でデビュー予定なのがドラフト1位の山崎福(明大)だ。この日はキャンプ休日のため、休養に努めた。20日のシート打撃では3本の適時打を含む4安打を浴びた。「味方相手では正直、内角に投げづらかった。対外試合の方が気にせずに内をつける」。負けん気をみせた。ドラフト1位といえども、もちろん開幕の1軍枠は用意されていない。シート打撃で中島から見逃しを奪った直球を軸に、そのキップを狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月24日のニュース