巨人ドラ1岡本 コーチ絶賛「携わった高校生でトップクラス」

[ 2015年1月13日 05:30 ]

ティー打撃を行う岡本

 巨人ドラフト1位の岡本(智弁学園)が、新人合同自主トレ初のマシン打撃を絶賛された。

 詰まらされる打球も多く、本人は「駄目でした。全然タイミングが合わなかった。体が開いてヘッドが出てこなかった」と分析。しかし、広島で江藤、前田智ら、巨人で松井らを指導した内田2軍打撃コーチは「携わった高校生でトップクラス。無駄な動きがなく、始動もスムーズ。いいバランスで振っている」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月13日のニュース