有原、安楽らが新人研修会 野球殿堂の見学も

[ 2015年1月13日 19:38 ]

 プロ野球の新人研修会が13日、東京都内で開かれ、日本ハムの有原航平投手(早大)や楽天の安楽智大投手(愛媛・済美高)ら12球団の新人選手が参加した。

 午前中は東京ドームに併設されている野球殿堂博物館を見学。午後にはドーピング対策や納税に関する講義を受け、インタビューへの受け答えの練習も行った。有原は「税金の話もあり、しっかりやっていかないといけないという自覚が出た」と話した。

 新人研修会は昨年までは3月に実施されていたが、オープン戦の時期を避けたいという球団側の要望があり、開催時期が変更された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月13日のニュース