オリドラ1山崎福 サイン会で“神対応” ファンの心つかんだ

[ 2015年1月13日 05:30 ]

サイン会を開いた山崎福はひとりひとり立ちあがって両手で握手する

 オリックスのドラフト1位・山崎福也投手(22=明大)が12日、神戸市内の球団直営店で「サイン会&トークショー」に参加。「AKB48」ばりの“神対応”でプレー前から、ファンの心をガッチリとつかんだ。

 イスから立ち上がって笑顔でサインを手渡し、握手には必ず左手を添える。定員人数分の70回、律儀な動作に感謝の思いを込めた。「自分の時間は長くなりますが、お客さんには一瞬の時間。少しでも長く接することができればと思いました」

 午後4時からのイベントに、開店前の午前10時には定員に達したファンも大満足で帰途に就いた。トークショーの司会を務めた北川博敏企画事業部プロジェクトマネジャーは「ケガが一番怖い。ある意味、隠しながらやった方がいい」と真面目ゆえのオーバーペースを心配するほどだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月13日のニュース