パイレーツ “韓国のA・ロッド”姜正浩と契約合意

[ 2015年1月13日 11:03 ]

 米メディアは12日、パイレーツが独占交渉権を得ている姜正浩(カン・ジョンホ)内野手(27)と4年総額1600万ドル(約18億9千万円)で契約に合意したと報じた。16日の身体検査を経て、正式に“パイレーツの姜正浩”が誕生する。

 “韓国球界のA・ロッド”と異名を持つ姜正浩は昨季、韓国ネクセンで打率3割5分6厘、40本塁打、117打点をマーク。オフに入札によるポスティング・システムを利用して大リーグ挑戦を表明し、昨年12月22日にパイレーツが30日間の独占交渉権を得ていた。

 パイレーツは内野手の層を厚くしたいという意向があり、内野のポジションすべてを守ることができる姜正浩の獲得は理想的。ハードル監督も「彼の獲得で戦い方の幅が広がり、チームのレベルが上がる」と満足な様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月13日のニュース