都小山台のエース伊藤「昨夜は人生で一番電話が鳴った」

[ 2014年1月26日 05:30 ]

多摩川の土手をランニングする都小山台のエース伊藤

 都小山台(東京)が都立勢初のセンバツ出場決定から一夜明けた。週に3日しか校庭を使用できないため、この日は近隣の麻布学園のグラウンドを借りて練習を行った。

 シート打撃に登板し、70球を投げたエース伊藤は「昨夜は人生で一番電話が鳴った」と周囲の反響に驚いた様子だった。センバツに向けては、日本ハム・斎藤らが早実時代に取り組んでいたメンタルトレーニングに取り組むことを明かし「動じない心をつくりたい」と意欲的だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月26日のニュース