阿部、由伸らが水沢氏自宅弔問 由伸「優しさのある方だった」

[ 2014年1月26日 05:30 ]

水沢氏の自宅を弔問するため、球団バスに乗る高橋由

 10日に肝不全のため48歳で死去した巨人の編成調査室職員、水沢薫氏の神奈川県内の自宅を、選手ら約30人が弔問に訪れた。

 遠方で自主トレ中だったため、通夜や告別式に参列できなかった関係者を対象に、川崎市のジャイアンツ球場からバス2台で向かった。高橋由が「入団時のトレーニングコーチだった方。メニューは厳しかったけど、それを感じさせない優しさのある方だった」と話せば、阿部は「元気な時の思い出を脳裏に残しておきたい」と故人をしのんでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月26日のニュース