ダルが開幕投手!メジャー3年目で初の大役、ワシントン監督指名

[ 2014年1月26日 07:45 ]

レンジャーズのダルビッシュ

 米大リーグ、レンジャーズのワシントン監督は25日、ダルビッシュ有投手(27)を開幕投手に指名、チームの公式サイトで報じられた。

 同監督はこの日のファンフェスタで、ダルビッシュの開幕投手について「状態が良ければもちろんだ」と語り、エースに現地3月31日のフィリーズ戦を託すことを明かした。

 ダルビッシュはメジャー3年目で初の大役となる。日本選手では過去に野茂英雄がタイガースで2000年、ドジャースで03、04年の3度、松坂大輔(当時レッドソックス)が08年、黒田博樹(当時ドジャース)が09年に開幕投手を務めた。

 同投手は日本ハムを経て2012年レンジャーズ入り、いきなり16勝を挙げ、昨年もチームトップの13勝、メジャー最多の277奪三振の成績を残した。日本ハム時代は07年から5年連続で開幕投手を務めた。

 日本でトレーニングを積んでおり、25日は古巣・日本ハムの千葉・鎌ケ谷の室内練習場で、今年2度目のブルペン投球を行った。捕手を立たせたまま変化球を交えて33球。 渡部ブルペン捕手は「“前回よりも力を入れた”と言っていた。145キロくらい出ていた。球が重い。(日本ハム時代より)凄みが増しましたね」と目を丸くした。ダルビッシュは調整のペースについて「例年通りです」と語り、昨季終盤に発症した腰部の神経障害の影響は見られない。

 2月17日(日本時間18日)にはアリゾナ州サプライズでバッテリー組が始動、開幕への調整に入る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月26日のニュース