上本 プロポーズは突然に…「はい」の返事にガッツポーズ

[ 2014年1月26日 08:00 ]

結婚する上本
Photo By スポニチ

 阪神・上本博紀内野手(27)が結婚することが25日、分かった。一昨年12月に交際を始め、1年1カ月が経過した1月10日にプロポーズ。3月に婚姻届を提出する予定で、同時に新婚生活をスタートさせる。

 お相手の容姿を聞かれると上本は「アンパンマンに出てくるドキンちゃんに似ています。笑顔がすてきな一般女性です」とはにかんだ。そんな彼女へのプロポーズは突然だった。

 「誕生日とか記念日とか、交際期間とかではなく、自分が本当に結婚したいと思った瞬間に言おうと決めていました」

 自分の気持ちに正直でありたかった。婚約指輪も用意していなければ、花束も用意していない。ましてや、そこにいるのは自分1人。交際開始から1年1カ月が経過した1月10日。ふと思い立ち、関西から遠く離れた地に住む彼女に自宅から電話した。

 「もしもし。突然だけど…。結婚しよう」。着飾ったサプライズよりサプライズなプロポーズは、婚約者の心に大きく響いた。漏れてくるおえつの中に「はい」という返事を聞き、心の中でガッツポーズを決めた。

 オフ期間には一緒に琵琶湖へ釣りに出掛けた。釣果はボウズでも、共通の趣味を持てたことが嬉しかった。3月に婚姻届を提出予定でで同時に新婚生活もスタートさせる。プロ6年目。阪神の新選手会長は、14年シーズンから生涯の伴侶と二人三脚で歩んでいく。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月26日のニュース