藤浪 2000人集めた!「野球の勉強」道真公にV祈願

[ 2014年1月26日 05:30 ]

藤浪は福玉を投げ込む

 阪神・藤浪が25日、大阪市北区の大阪天満宮でチームの同期入団5選手とともに「初天神梅花祭福玉まき」に参加した。プロ1年目から活躍した右腕の登場が理由か、約2000人が集まり、同社関係者は「過去20年では間違いなく最多ですね」と目を丸くした。

 大阪天満宮は「学問の神様」菅原道真公をまつっており、藤浪は「あやかりたいですね。しっかり野球の勉強はしていきたい」と話した。福玉まきの前に祈願したのは、チームの優勝のみだ。集まった人々の前でも「去年は優勝できずに悔しい思いをしたので、今年はチームとして優勝できるようにしっかり頑張りたい」と堂々と宣言した。

 26日に沖縄へ。キャンプ地先乗りで自主トレに励む。「シーズンに向けて調整するだけ。シーズンに合わせていきたい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月26日のニュース