松坂 メッツとマイナー再契約 キャンプで先発5番手争い

[ 2014年1月26日 05:30 ]

メッツと再契約した松坂

 メッツは24日(日本時間25日)、FAとなっていた松坂大輔投手(33)とマイナーで再契約したと発表した。招待選手としてメジャーキャンプに参加する。

 昨季はインディアンスの招待選手としてキャンプに参加。メジャー昇格のないまま8月に自由契約を申し入れ、メ軍移籍後は3勝3敗、防御率4・42だった。サンディ・アルダーソンGMは「経験も豊富な投手で戦力になるだろう」と評価。メジャー昇格した際には年俸に出来高を加えて、最大300万ドル(約3億900万円)まで上がる条件となっている。

 キャンプでは先発5番手の座を、メヒア、元巨人のトーレス、ラナンらと争う。同じニューヨークが本拠地のヤンキースに楽天・田中の移籍が決まり「まずは自分がメジャーの舞台に立てるようにしないと。その結果、対戦できたらいい」と話していた松坂。5月には交流戦でヤ軍との4連戦があり、サブウエー・シリーズでの対決が実現する可能性もある。「近年では一番状態がいい」と国内での自主トレでは手応えを感じており、今季の活躍が期待される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月26日のニュース