PR:

異例の“セット受賞”「首相の腹づもりで決まる」あいまい基準に批判も

長嶋茂雄、松井秀喜両氏への国民栄誉賞検討の指示を記者会見で明らかにした菅官房長官

 政府は1日、プロ野球巨人で活躍した長嶋茂雄、松井秀喜両氏への国民栄誉賞授与方針を発表した。同賞は過去20人1団体の授与例があるが、同じ分野の2人が事実上「セット」の形で同時に受賞するのは初めてで、異例の措置といえる。菅義偉官房長官の記者会見では、長嶋氏らへの業績の評価とは別に、あいまいな表彰基準を疑問視する質問が相次いだ。「そのときどきの首相の腹づもりで決まる」(政府関係者)のが実情との見方は以前からくすぶる。

 記者会見では「野村克也、張本勲、門田博光各氏ら長嶋氏以上の成績を残している選手もたくさんいる」「大リーグでは野茂英雄氏も活躍した」と、他の有力選手との違いを問う声が続いた。

 菅氏は会見で、米大リーグでも活躍した松井氏についてワールドシリーズの最優秀選手(MVP)に選出されたことを理由に挙げた。だが日本人選手が大リーグへ挑戦する道を切り開いた野茂氏は、大リーグで2度のノーヒットノーランを達成している。菅氏は「長嶋、松井両氏が師弟関係にあるということから判断した」などと理解を求めたものの、明確に説明し切れたとは言い難い。

 松井氏は現役を引退表明した直後とはいえ、長嶋氏がこの時期に受賞する理由は不明確だ。

 線引きの難しさはこれまでも指摘されている。2000年シドニー五輪の女子マラソンで金メダルを獲得した高橋尚子選手に贈った際も「同じ金メダルなのに、どうして柔道の田村亮子(現在の谷亮子)選手にはあげないのか」という問い合わせが官邸に殺到した例がある。

 大リーグ10年連続200安打の大記録を持つイチロー選手は、2001年と04年の2回、官邸からの非公式な打診を受けたが、いずれも本人が「まだ若い」などの理由で断っている。

[ 2013年4月1日 19:54 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月24日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム