【DeNA2位】三嶋一輝 執念の連続完投で優勝 タフな155キロ右腕

[ 2012年10月25日 18:04 ]

法政大・三嶋一輝投手

三嶋一輝(みしま・かずき) 22歳 法大 右投両打

(10月25日)
 秋のリーグ戦では最終戦の明大戦で連投し、執念の2試合連続完投。法大を7季ぶりの優勝に導いた。熱く気持ちで投げる半面、冷静な投球で打者を打ち取るクレバーなところもあり、プロのマウンドでも結果が残せるタイプだ。

 1年春にいきなり神宮最速(当時)の154キロをマークし、秋には六大学最速となる155キロをマークした快速球投手。縦横2種類のスライダーの切れ味も鋭く、救援登板時はイニングを超える三振を積み重ねる。

 1年時にそれだけの素材を片鱗を見せつけながら、以降の数字から見れば順調に伸びたとは言いがたい。先発として登板すると直球の球速は140キロ前半まで落ち、変化球もイマイチ。“そこそこのエース”レベルの成績にとどまっていたが、先発、救援とフル回転でラストシーズンで一皮むけた。

 結果からもタイプからも適性は完全にリリーフ。1年目から中日の田島、ロッテ・益田のような活躍も期待させてくれる。

 ▼中日・中田宗男スカウト部長 球威があって力で押せるタイプの投手。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月25日のニュース