【阪神2位】北條史也 「坂本2世」厳しい評価を乗り越えられるか

[ 2012年10月25日 18:07 ]

光星学院・北條史也内野手

北條史也(ほうじょう・ふみや)内野手 18歳 光星学院 右投右打

 右打ち、腕っぷしの強いバッティング、守備位置は遊撃。巨人で主力を張る先輩になぞらえて「坂本2世」とも呼ばれる。

 同級生の田村龍弘とともに強打と好守で光星学院の3季連続準優勝の立役者に。12年夏は清原和博(PL学園)の記録にあと1本と迫る4本塁打を放った。

 その一方で18U世界選手権では木製バットに苦しみ、当初5番だった打順が次第に下位になり、9番も経験。打率・148と低迷した。「甲子園では打てたのはあくまで“金属打ち”」。厳しい声も聞かれるが、1大会の木製バットだけで評価を下すのは早すぎる。走攻守で高校生トップクラスであることは間違いない。

 ▼広島・苑田スカウト部長 腕が柔らかくてそこから押し込める。軸もしっかりしているし、ボール(特に内角)のさばき方が抜群。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月25日のニュース