【オリックス1位】松葉貴大 “バッピ”から最速149キロ30勝左腕に

[ 2012年10月25日 17:40 ]

大阪体育大・松葉貴大投手

松葉貴大(まつば・たかひろ)投手 22歳 大体大 左投左打

 高校1年秋に東洋大姫路高でエースナンバーをつかみながら、左肘を痛め一時は投手を断念。08年に4強まで進んだセンバツは外野手として出場した。

 それが、大学1年時に打撃投手を務めていた際に評価され、投手に再転向したという一風変わった野球遍歴の持ち主。東海大仰星で投手としての芽が出ず外野を兼任し、大体大で頭角を現した先輩の上原(レンジャーズ)とは“回り道”した末に大学で台頭した点が共通する。

 最速149キロを誇る直球に、スライダー、カーブ、ツーシームを織り交ぜる投球で、緩急が持ち味。阪神大学野球連盟では、大学の先輩である上原、関西国際大出身の榊原(日本ハム)に続く30勝もマークし、投手再転向が大成功だったことを数字で証明した。

 高校1年秋に東洋大姫路高でエースナンバーをつかみながら、左肘を痛め一時は投手を断念。08年に4強まで進んだセンバツは外野手として出場した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月25日のニュース