渡辺監督 不満顔 カウント誤認に「審判はちゃんと説明しないと」

[ 2012年9月27日 07:10 ]

<西・楽>ベンチで渋い表情の西武・渡辺監督

パ・リーグ 西武2-3楽天

(9月26日 西武D)
 西武・渡辺監督が7回の判定に疑問を呈した。無死一塁、打者・大崎の場面で、2ボールからの3球目に一塁走者のヘルマンが二盗に成功したかに思われたが、判定はボーク。電光掲示板は本来なら2ボールのままだが、誰もボークとは気づかずに2ボール1ストライクからプレーが再開された。

 指揮官は「審判はちゃんと説明しないと。2ボールと2ボール1ストライクでは采配が違ってくる」とカウント誤認に納得がいかない様子だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月27日のニュース