大阪 4連勝で球団初の首位に躍り出る

[ 2012年9月27日 22:56 ]

 日本女子プロ野球リーグは27日、皇子山球場で後期の1試合を行い、大阪が兵庫を2-0で下し4連勝。0・5ゲーム差だった兵庫を抜いて、球団初の首位に躍り出た。

 大阪は2回、先頭の滝澤が死球で出塁すると、川崎の左前打で二進。続く梅本の投前バントを投手が三塁に悪送球する間に先制ホームを踏んだ。4回には、二死から四球で出塁した川崎が盗塁を決めると、梅本の二塁への緩いゴロが内野安打になる間に、二塁から一気に生還した。投げては、先発小西美加が3安打無失点の好投で今季2度目の完封勝利を挙げた。

 一方、兵庫は打線が沈黙し、2失点完投の大田を援護出来ず、4連敗を喫した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月27日のニュース