楽天、逆転負けで自力CS進出が消滅…

[ 2012年9月27日 21:49 ]

8回、選手交代を告げ、険しい表情でベンチに戻る楽天・星野監督

パ・リーグ 楽天1―3西武

(9月27日 西武D)
 クライマックスシリーズ(CS)進出のためには、もう1敗もできない楽天だったが、西武に逆転負け。この日、試合のなかった3位ソフトバンクとのゲーム差は3・5に広がり、自力でのCS進出の可能性が消えた。

 初回、松井の先頭打者アーチで1点を先制。先発の美馬は4回まで走者を1人も出さないパーフェクトピッチング。5回にオーティズに四球を与えたものの、6回2死までは西武打線をノーヒットに抑え込んでいた。ところが、2死二、三塁からヘルマンに2点適時打を浴びて逆転を許すと、打線は4安打の西武を上回る9安打を放ちながら、2回以降は無得点と、好投の美馬を見殺し。痛い黒星を喫した。

 残り9試合。ソフトバンクとの直接対決が3試合残されているが、残り7試合のソフトバンクが楽天戦以外で全勝すれば、CS進出の夢は断たれる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月27日のニュース