中日 打線低調…最下位DeNAとの3連戦で計5得点

[ 2012年9月27日 21:44 ]

セ・リーグ DeNA2-1中日

(9月27日 ナゴヤD)
 中日は最下位DeNA相手の3連戦に1分け2敗と負け越した。既に2位が確定し、クライマックスシリーズ(CS)に向けた仕上げが焦点となる中で、打線は3試合で計5得点だった。

 2戦目の26日から井端を3番で起用し、長打力のあるブランコ、和田の4、5番につなごうとしたが、この3連戦で和田、ブランコに打点はなかった。高木監督は「今でよかったよ。(巨人の)優勝が決まって、少し気の抜けるところもあった」と中軸の復調を願っていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月27日のニュース