「栄光のホークス展」立ち見の盛況ぶり スポニチプラザ大阪

[ 2011年10月3日 06:00 ]

 南海ホークスの歴史をたどる「栄光のホークス展」は2日、スポニチプラザ大阪で森口益光さん(58)=天王寺都ホテル勤務=と、近田豊年さん(45)=ゴルフレッスンプロ=のOB2人が来場し、サイン会と交流会で閉幕した。

 75年ドラフト1位で入団。日本ハムキラーでならし、通算27勝をマークした森口さんは「77年のクラウン戦(大阪)での初勝利が忘れられない。夜は眠れませんでした」と振り返る。一方、明徳義塾から87年に入団した近田さんは日本プロ野球史上ただ一人の左右投げ投手として話題に。公式戦登板は88年のロッテ戦1試合だけだったがジュニアオールスターで左右投げを披露。「いい思い出」と笑顔を見せた。

 前日にホークスの名を受け継ぐソフトバンクがリーグ優勝したとあってこの日も会場は立ち見も出る盛況ぶりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月3日のニュース