カージナルスは1勝1敗 ラルーサ監督「シリーズらしくなってきた」

[ 2011年10月3日 15:07 ]

 ナ・リーグのプレーオフ地区シリーズ(5回戦制)、カージナルス(ワイルドカード=最高勝率2位球団)とフィリーズ(東地区)の第2戦はカージナルスが5―4で勝ち、1勝1敗とした。

 ▼カージナルス・ラルーサ監督の話 (1勝1敗で)シリーズらしくなってきた。(フィリーズとの)対戦は楽しい。(救援陣は)ボッグスがペンスを打ち取り、ローズがハワードを三振に取った。彼らがブルペンのヒーローだ。

 ▼フィリーズ・マニエル監督の話 早い回にカーペンターを降板させたが、救援投手を打てなかった。1回に3点取って、他にもチャンスはあったし、もっと点を取れたはずだ。(先発リーは)三振を9個も取ったが、走者を出し過ぎた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月3日のニュース