後半戦初の3連勝 新体制発表でベテラン勢奮起

[ 2011年10月3日 06:00 ]

パ・リーグ ロッテ6―5日本ハム

(10月2日 QVCマリン)
 ロッテはベテランが存在感を示し、後半戦初の3連勝だ。

 3回に福浦が2点右前適時打を放てば、1点差に迫られた6回には井口が左越え6号ソロ。6月19日のヤクルト戦(神宮)以来82試合ぶりの一発に「甘い球を見逃さずにしっかり捉えることができた」と胸を張った。1点リードの9回は薮田が3者凡退に退け、自身初の30セーブの大台に乗せた。試合前にはフロントの新体制が発表され、西村監督は「チームとして次につながる試合にしていかないといけない」と引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月3日のニュース