ロッテ新社長に本社顧問の中村氏「監督とじっくり話す」

[ 2011年10月3日 06:00 ]

会見するロッテの(左から)重光オーナー代行、球団社長に就任する中村氏、球団運営本部長に就任する林氏

 球団新社長に就任する中村家国氏(現ロッテ本社顧問)と球団運営本部長に就任する林信平氏(球団総務部長)が重光オーナー代行と会見に臨んだ。

 中村氏は「ドラマチックな野球をやりたい。ファンの方々に愛される球団にする」と抱負を述べ、試合も観戦。1点差の勝利を見届け、「ヒヤヒヤしたが勝って良かった。なるべく早く西村監督とじっくり話す機会をつくりたい」と意欲を明かした。

 ◆中村 家国(なかむら・いえくに)1945年(昭20)9月7日生まれの66歳。早大理工学部卒。69年ロッテ入社。製造、人事、総務部門などを経て02年同社取締役就任。06年同社常務取締役、09年同社専務取締役、11年同社顧問就任。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月3日のニュース