臨時オーナー会議後に島田議長が渡米 WBC参加問題を協議

[ 2011年10月3日 19:37 ]

 プロ野球の実行委員会は3日、東京都内で開かれ、2013年開催の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の参加について検討する7日の臨時オーナー会議の後に、議長を務める楽天の島田亨オーナーが渡米し、決定事項を基に大会主催者と協議することを確認した。

 日本野球機構と12球団は参加の回答期限だった9月30日に交渉継続を要求し、主催者も受け入れる姿勢を見せた。オーナー会議としても、参加に向けての前向きな姿勢を示すもよう。

 来年3月28、29日にアスレチックスとマリナーズによる米大リーグの開幕カードが東京ドームで行われるのを受け、25日と26日に日米球団によるオープン戦を4試合行うことを承認した。カードは未定。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月3日のニュース