ウルフ左足負傷で緊急降板 CS絶望的で斎藤に期待

[ 2011年10月3日 06:00 ]

<ロ・日>3回1死二塁、打球処理で左太腿裏を痛めたウルフ。右は梨田監督

パ・リーグ 日本ハム5-6ロッテ

(10月2日 QVC)
 日本ハムのウルフが3回、左足を痛め緊急降板した。

 。三塁線の打球を処理し、一塁へ送球した際、「人工芝で足が滑った。ハムストリング(左太腿裏)を痛めたのは野球人生で初めて。今も痛い」。きょう3日に出場登録を抹消され、札幌市内の病院で精密検査を受けることになった。福島トレーナーは「診断次第だが軽くない」と見通しを明かした。ソフトバンクの独走優勝を許し、3位・オリックスとは2ゲーム差。CSの本拠地開催も危うい状態で、今季12勝右腕の離脱は痛い。ウルフが長期離脱となれば、現在は先発5番手の斎藤が、4番手に上がり、CSでの大きな役割が求められる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月3日のニュース